初夏の京都後編「鈴虫寺」と「岡北」





お昼ご飯も食べて満足したところで、次の目的地「苔寺」で知られる西芳寺へ。
苔寺には駐車場がないので、手前の駐車場に停めるのがベスト。
坂を上り、入口まで行ったのですが、どうやって入るの!?
貼り紙をよく見ると、拝観には事前予約が必要とのこと。
(往復はがきで申し込みができるそうです。なんともアナログですね。)
楽しみにしていただけに、とっても残念です。。。下調べが足りないですね(反省)。
せっかくここまで来たし。ということで、近くにある「鈴虫寺」こと妙徳山・華厳寺へ行くことにしました。

この「鈴虫寺」、わらじを履いたお地蔵様がいて、願いを叶えてくださることで有名なんだとか。
また、説法も有名とのことです。
(恥ずかしながら、全く知りませんでした。)
何も知らずに行くと、「今から、説法始まりますからね~。」と建物に通され、お茶とお菓子が出てきました。
鈴虫の声が響く中、説法が始まります。
(鈴虫がいる部屋は残念ながら写真NGでした。)
ネタばれ?になってしまうといけないので、内容は伏せておきますが、軽妙な語り口で笑いが起こるなど、かなり楽しんでしまいました。
説法自体は30分くらいで終わります。
その後、お守りがほしい方は購入して、お参りをするようです。
(何も考えずに来たので、特に願い事もなく….お願い事ができたら、また来るねってことで。)
今回、わけもわからず、すんなりと入ることができましたが、かなりラッキーだったようです。
帰るときに、次の回を待つ方たちがずら~っと並んでいました。
(GWは3時間待ちという説も。。。)

説法って一度聴いてみたいと思っていましたが、思わぬ形で聴くことができてよかったです。

話は逸れますが、前にYouTubeで見たことがある(テレビにも出演されているかもしれません)金峰山修験本宗の僧侶、塩沼亮潤大阿闍梨の法話はぜひ聞いてみたいです。
すごい修行。ホントにすごい修行…1300年の歴史の中で2人しか達成していないとのこと。
機会があればお目にかかりたいものです。

時間は少し早いですが、京都市左京区「岡北」さんへ。

平安神宮近くにあるうどん屋さんです。
(駐車場はお店の前にある市営駐車場に停めると割引券がもらえますよ。)
京都通の友人の紹介で来てからというもの、ここのうどんが大好きすぎて、台風の中来たこともwww
食事時や土日はかなり並ぶので、覚悟してくださいね。
今回は時間が17時と夕食には早めの時間ということもあり、初めて並ばずに入ることができました。
店内は和風モダンで落ち着いた雰囲気。
女性ウケが良さそうな感じです。
親子丼(ミニ)と湯葉のうどんをチョイス。

こちらの親子丼、卵とろとろ系が好きな方はぜひ食べていただきたい!

うどんはやわらかめなので、コシが強いうどんが好きな方はイマイチかもしれません。
そんな方はお蕎麦もあるので、気になる方はぜひ訪れてみてください。
「そんなにお腹空いてないな~。」なんて言いながらも完食でした。ふぅ~。

久しぶりの京都、かなり満喫しました。
次回は苔寺の予約を忘れずにしたいと思います!

<今回のお店>
「岡北」
京都市左京区岡崎南御所町34
TEL:075-771-4831
営業時間:11:00~20:00(Lo)
定休日:火曜日・第1.3.5水曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です