「ゴールデンベリー」を食べよう!

最近、ブログの内容が食べ物ばかりだな~と思いつつ、また食べ物の話になってしまいそうです。
簡空インストラクターのsanaeです。

ここ数年、ドライフルーツをよく食べています。
美容のために…とかではなく、フルーツは食べたいけど、「皮をむくのがめんどくさいから」という理由です。
なかでもりんごの皮むきは壊滅的な下手さ。。。
あとは、生のフルーツは重たいので、買って帰るのがちょっと…(^^;
サプリメント等よりも、やはり人間は咀嚼して吸収する方がよいと考えているので、形はどうあれ、フルーツを口にすることはいいことですよね。

今回はちょっと酸っぱいけど、クセになる「ゴールデンベリー」について。

ゴールデンベリーとは、ナス科のホオズキ属で、古代インカ帝国で栽培・食されていたことから「インカベリー」とも呼ばれています。
(食用ほおずきとも呼ばれます)
日本ではほおずきは「観賞用」とされることが多く、口にする文化はありませんが、南米では栄養価が高い食品として昔から知られているようです。
最近では、スーパーフードとしても知られていますね!

スーパーフードと言われる由来は、その栄養価の高さにあり!
【ビタミン】
ビタミンA・ビタミンB・ビタミンC など数多くのビタミンを含んでいます。
【鉄分】
女性に嬉しい鉄分が多く含まれており、1日に接種すべき量をスプーン1杯で補うことができるそうです。
【食物繊維】
多くの食物繊維を含んでおり、その量は多いと言われているゴボウやレンコンよりも多く、レタスの30倍にもなるんだとか!
また、ゴールデンベリーに含まれている食物繊維は消化されにくく、胃の中に長時間残るため、満腹感が持続し、ダイエット効果も期待できるかも!?

これらはほんの一部。
これら以外にもたくさんの栄養素が含まれています。

ですので、いいこともたくさん!
その中でも、私は美肌効果に注目しています。
この時期は紫外線を浴びることも多いため、お肌はかなりお疲れモード…なはず。
(特に私は、昨年末20日間サイパンにいたので、かなりやられています。)

ビタミンAは皮膚や粘膜を作る材料であり、皮膚や粘膜を正常に保つことができます。
健康な肌にはかかせませんね。
また、ビタミンBに含まれる抗酸化成分はアンチエイジングに効果的です。
皮膚や粘膜の代謝を促進する効果もあります。
さらに、お肌と言えば、真っ先に思い浮かぶのがビタミンC。
シミの改善や、紫外線対策に効果があるとされています。
メラニンを生成するチロシンを生成する効果があるため、シミの予防につながります。

この他に含まれている、イノシトールの保湿成分は潤い肌へ非常に効果的です。
シワやたるみの改善にも効果が期待できます!

おぉ!!いいことずくめ!
ただ、いつも言っているように、何事もやりすぎはよくないので、適量を摂取するようにしましょう。
私は酸っぱいものが平気なので、砂糖不使用のものを購入することにしています。
いろいろなお店があるので、お好みのものを探すのも楽しいかもしれないですね(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です