試乗レポート「エスティマ」

雨の日が続き、なかなか趣味であるドライブに行くことができず悶々としております。
国内なら沖縄以外は車で行きたい!簡空インストラクターのsanaeです。
実際、これまでに北は北海道、南は鹿児島まで愛車で一人旅をしてきました。

元自動車販売店の新車営業&女性目線+独断&偏見?ですので、そのあたりはご容赦ください(笑)。
ちなみに、車の中身に興味はないので、エンジン等は全くわかりません(ボンネットを開けるお客さまは苦手でした…)。

今回は一人旅でも大活躍した「トヨタ エスティマ」です。
新車で購入し、まぁまぁな改造を加えて8年間乗っていました。
(ですので、今回は「試乗」ではなく、がっつり乗っての「乗車」レポートですねw)

エスティマは10年ほど前からマイナーチェンジや改良を繰り返しているので、その姿はほとんど変わっていません。

車種:トヨタ エスティマ
排気量:2362CC
全長×全幅×全高:4795×1800×1745
最小回転半径:5.9m
馬力が…とか、トルクが…という話はよくわからないので、割愛させていただきます。

【外観】
まずエスティマの良さはその見た目。
ミニバンでありながら、精悍な顔つき
画像はアエラスSなので最新ではありませんが….

↑サスペンション(4センチローダウン)&グリル&ヘッドライト変更
(グリルはウィンカーが隠れすぎないように気を付けましょう。車検通らないですよ~。)


私は後ろ姿が重要だと思っているのですが…男前。

↑クリアレンズ&マフラー2本出し&19インチホイールに変更
いじり甲斐もあり、個性を出しやすい車でもあります。

その他内装はLED照明・ウーハー&ツイーターを搭載

【乗り心地】
標準装備タイヤはグレードによって異なりますが、17or18インチなので、乗り心地は全く問題ありません。
(私は19インチの扁平タイヤに変更していたので、若干の振動が気になりました。さらに、マフラーを変えていたので、決して静か…とは。)

【内装】
内装色はグレードによって異なりますが、私が乗っていた車はシックなグレーのシートでした。
ハンドルは本革でした(グレードによっては木目あり)。
8年乗っていましたが、汚れを感じることはほとんどなく、シートのへたりも感じませんでした。
シートが電動でないのが残念(グレードによっては電動もあります)。
7人乗りは2列目シート中央にサイドテーブルがあるのが嬉しいですね。

【燃費】
ガソリンは2.4Lはレギュラーガソリンです。
(9割以上の方が2.4Lを購入しています)
燃費は街乗りで7~7.5キロでした。
これはちょっと不満。

【運転のしやすさ】
前角が見にくいのがややネックでした。
コーナーセンサーはつけていましたが、あまり役に立たず。
最小回転半径は5.9mなので、そこまで小回りがきくという感じではありませんでした。
比較するとクラウンの方がかなり小回りがきく印象(クラウンの最小回転半径は5.2m)。

この「エスティマ」、8年10万キロ乗りましたが、リセールがいいおかげで、現在の車に乗り換えることができました。
リセール(下取り)について少し付け加えると、色は黒・白(パール)が良いとされています。
ただし、中東では色物が人気だったりするので、何とも言えません。
ということで、好きな色に乗るのが一番です!
黒は傷が目立つので、当時お客さまには指定がない限り、パールで見積りを作っていました。
私はずっと黒い車に乗っていますが(^^;

このエスティマですが2018年にはフルモデルチェンジが予定されているという噂も。
さらにまた噂ではPHVのみの設定だとか….本当だったら、かなり残念。
個人的にはマイナーチェンジと改良を重ねているので、この先フルモデルチェンジがあること自体怪しい気もしますが。
とてもいい車だったので、いつかまた乗りたいとは思っているんですけどね~。

さて、明日は7月最初の簡空です。
ジメジメする季節ですが、しっかりと体を動かしてさわやかな汗をかきましょう!
【プレミアムデオヴィサージュ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です