「ワイルドブルーベリー」を食べよう!

ブルーベリーと聞いて、真っ先に思い浮かぶのは「目に良い!」
私だけでなく、そう思われる方は多いのではないでしょうか。
ここ数年ですが、目の疲れを感じることもあり、ワイルドブルーベリーを食べるようにしています。
「ブルーベリー」と比べて、「ワイルドブルーベリー」の方が名前的にも強そうだし、効果がありそう!という感じで食べ始めたのですが、その効果が気になり、調べてみると体にいいことがたくさんでした◎

「ブルーベリー」と「ワイルドブルーベリー」の一番の違いは栽培か自生かということです。
ワイルドブルーベリーはアメリカ・カナダ北東部で自生しているので、厳しい環境にも耐えられます。
ですので、栄養もたっぷり!スーパーフルーツとも言われています。
ブルーベリーに代表される栄養素「アントシアニン」が栽培の「ブルーベリー」よりも多く含まれています。
アントシアニンと言えば、抗酸化作用。
(ヒトのカラダは酸化することにより、本来の細胞の機能を阻害してしまいます。酸化=老化とも言えそうですね。)
私たち人間を参加から守ってくれる、天然の防腐剤☆
この「アントシアニン」、ビタミンPと同様の作用があると言われています。
ビタミンPは、毛細血管の強化・血中コレステロール値の改善・血流改善・抗アレルギー作用・発ガン抑制作用があると言われています。
目に良い効果だけでなく、老化防止・メタボ改善・花粉症の改善にも役立ちそうですね。

私はドライフルーツで摂っているのですが、ヨーグルトと一緒に食べることが多いです。
そのままでもいいのですが、食べる前日にヨーグルトに漬けておくと、食べる頃にはちょうど良い柔らかさになっています☆
お菓子作りが好きな方は、材料として使うのもいいかもしれませんね(^^♪

ワイルドブルーベリーを食べるようになって、目の疲れが和らいだ気がします。
(この「気がする」っていうのは結構重要だと思っています。)
目の疲れが気になる方、酸化してるな~と感じる方(?)はぜひ、スーパーフルーツ「ワイルドブルーベリー」を食べてみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です