三重県答志島で牡蠣食べ放題してきました!





牡蠣が美味しい季節も終わりに近づいてきました。
ここ数年行くことができなかったのですが、今シーズンはようやく行くことができましたよ!
「牡蠣食べ放題」
簡空インストラクターのsanaeです。
三重県の浦村辺りにはたくさんの牡蠣小屋があり、食べ放題やBBQを楽しむことができます。
前回までは、ずっと同じお店に通っていたのですが、時間や金額、牡蠣の大きさなどを考えると、以前よりお値打ちではなくなってしまったので、新規開拓をすることにしました。

今回は答志島にある「藤栄水産」さんで食べ放題を堪能してきました。
こちらのお店は「桃こまち」という種類の牡蠣が食べ放題で食べられる唯一のお店とのことです。

1月下旬に電話で2月の空き状況を聞いたところ、「土日祝は予約いっぱいです。」という回答でした。
人気なんですね~。
その時点で予約可能な一番近い日曜日が3月下旬でしたので、シーズン終わりでの参戦となってしまいました。
(平日ですと、直前でも比較的空きがありそうな雰囲気でしたので、平日希望の方はチャンスですよ☆)
予約時に「12:15のフェリーに乗ってくださいね。」と案内されます。
後で調べてわかったのですが、フェリーの本数が少ないので、絶対に乗り遅れないようにしましょう!

フェリー乗り場(鳥羽マリンターミナル)までは名古屋南ICから伊勢湾岸自動車道を通って、約2時間半。
(日曜日の午前、四日市付近でやや渋滞あり。休憩2回です。参考までに。)
隣の県なのに意外と遠い…というのが正直なところ。

駐車場は第1~第4までありますが、第4は月極駐車場と書いてありました。
桃取港行きのフェリーが12:15でしたので、11:40くらいに駐車したのですが、第1駐車場はその後すぐに満車になってしまいました。
すべての駐車場が満車になることはないと思いますが、早めに行って確認しておくのがオススメです。
ただし、こちらにあるすべての駐車場は打ち切りのシステムがないので、早く行き過ぎると駐車場料金がもったいないので、要注意です。

今回は750円でした。

答志島へのフェリーですが、答志島にはフェリー乗り場が3か所ありますので、乗り間違いには注意です。
決して大きな島ではありませんが、歩いて移動できる距離ではないようなので、目的地をしっかりと確認しておきましょう。
今回は「桃取港」を通るルートです。
桃取港までは大人片道440円。
車内に忘れ物がないか確認して、いざ乗船。
10分ほどで答志島に到着しますので、この程度なら船酔いの心配もほとんどしなくて大丈夫だと思います。

上陸すると、「藤栄水産」と書いてある紙を持った、お店の方が待っていてくださるので、迷うことはないです。
歩いて2~3分のところに牡蠣小屋があります。
到着すると、お金を支払って席に案内されます。
すでに牡蠣が用意してありました!

それもそのはず。
12:35開始→14:05終了→14:15桃取港出発
というなかなかタイトなスケジュール。
そら急ぎますわな。

以前行っていたお店より牡蠣が大きい!!

わかりにくいかもしれませんが、倍くらいある印象。
ですので、今回は35個しか食べられませんでした(*_*)
(前回、別のお店では80個食べました…ははは。)

今回のお店、調味料や飲み物の持ち込みが自由でしたので、いつも通りしっかり準備していきましたよ。

個人的に絶対外せないのが、チーズ・トマトソース・刻みネギ・ポン酢・大根おろし
コチュジャンもなかなかでした。
味変に味変を重ねると結構食べられます。

こちらのお店では、食べ放題(大人1人2300円)に牡蠣ご飯・味噌汁・カキフライ(2個)がついてきます(カキフライはついているときと別料金のときがあるようです)。

1個100円で生牡蠣も食べられますよ~!

しばらく牡蠣はいいかな、とこの時ばかりは思うのですが、1週間もたてばまた食べたくなってしまうんですよね。
牡蠣が好きな方は、来シーズンにでも、ぜひお好みの牡蠣小屋を開拓してはいかがでしょうか。

<今回のお店>
藤栄水産
三重県鳥羽市桃取町211-9
TEL:0599-37-3700
定休日:不定休
国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です