五月晴れの高山でおいしいお酒を!酒蔵巡り♪

突然ですが、「五月晴れ」という言葉の正しい遣い方ご存知でしょうか。
現代では5月のすがすがしい晴れの日を表す言葉としても用いられているようですが、本来「五月晴れ」は旧暦の5月(今の6月)が梅雨の時期にあたることから、「梅雨の合間の晴天」を示す言葉です。
日本語って知らないうちに間違った遣い方をしていることもあるので、気になったら調べてみることが大切かもしれませんね。

先日はそんな「五月晴れ」ということもあり、ドライブチャンスだったので「岐阜県高山市」へ行ってきましたよ。

高山は何度も訪れていますが、酒蔵巡りはまだしていなかったので、今回は酒蔵巡りをしてきました。
ちなみに一緒に来た友人は日本酒を一切飲まないので、今回はドライバーに徹してもらいました(本当に助かります)。

1件目は「古い街並み」で知られる「さんまち通り」内にあるこちらのお店。


「山車(さんしゃ)」で有名な「原田酒造所」さんです。

こちらでは2種類の試飲システムがあります。
・1つ300円のお猪口を購入し、約10種類の日本酒の試飲が出来ます(このお猪口は持って帰ることができます)。
・150円でお猪口より少し多い量を1種類試飲できるというもの。


私はゆっくり落ち着いて飲みたかったので、1杯150円(100ml程度?)を楽しむことにしました。
今回試飲させていただいたのは、今一番人気があるという「秘蔵酒」というお酒です。

なみなみに注いでくださいます。
ちょっとこぼしてしまいました(^-^;
観光の合間に飲む酒のうまいこと!
座るスペースもあるので、のんびりしてしまいました。

おいしかったので、「秘蔵酒」720mlのものを購入。
アルコール以外にも甘酒やチーズケーキなども食べられるので、お酒が飲めない人でも楽しめますよ(^^♪
お店の方も親切ですし、オススメの酒蔵さんです。

<店舗情報>
原田酒造場所
岐阜県高山市上三之町10
TEL:050-5592-5419

2件目は原田酒造所さんの向かい側にある「舩坂酒造店」さん。

こちらは「深山菊」や「甚五郎」という日本酒で有名なお店です。
店内はお酒以外にもたくさんの種類のお土産を扱っており、賑やかな雰囲気でした。
運良くスタッフさんの手が空いていたので、日本酒の試飲をさせていただくことができました。
好みを聞いてピックアップしてくださるので、日本酒に詳しくなくても、好みのものが見つかると思います。
私の場合、辛口にこだわっているわけではないのですが、後味が爽やかなものが好みなので、その旨伝えましたよ。
後味がかなりキリっとした「甚五郎 生貯蔵」と甚五郎よりは柔らかい感じの「大吟醸 深山菊」をオススメしてくださいました。
(この「キリッ」とか「柔らかい」などという表現は個人的感覚です。日本酒に詳しい方はどのように表現しているのでしょうか。もっと的確で伝わりやすい表現があれば教えていただきたいです。)
どちらもおいしかったのですが、今回は「深山菊」を購入。
生酒なので、1回で飲み切ることができる小さいボトルにしました。
大きさを選ぶことができるのはありがたいです。

また、店内にはBARのようなスペースもあり、次回はここでゆっくりお料理を楽しみながら飲んでみたいなと思いました。

他にも「氷室」で有名な「二木酒造」さんや「平瀬酒造店」さんなども近くにあります。
二木酒造さんは観光客がたくさんいて賑わっているというよりは、静かなところで試飲(有料)を楽しみたい方にオススメです。

<店舗情報>
二木酒造
岐阜県高山市上二之町40
TEL:0577-32-0021

平瀬酒造店
岐阜県高山市上一之町82
TEL:0577-34-0010

「飛騨の小京都」とも言われる、岐阜県高山市。
ぜひまた訪れたいと思います。
穴場スポットなどありましたらぜひ教えてくださいね♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です