滋賀県民のソウルフード「近江ちゃんぽん」が食べられる「ちゃんぽん亭 総本店」へ行ってきました





滋賀県グルメで、個人的に真っ先に思いつくのは「近江牛」ですが、先日滋賀県に行った際には、久しぶりに「近江ちゃんぽん」を食べてきました。

私も含め、ちゃんぽんと言えば、「長崎ちゃんぽん」を思い浮かべる人も多いと思います。
その違いを大まかに言うと、

長崎ちゃんぽん
具材:野菜、海鮮類やかまぼこ、はんぺんなど
スープ:豚骨系(平戸などではあごだしのあっさりしたちゃんぽんもあります。)
麺:太麺

近江ちゃんぽん
具材:海鮮などは見当たらず、野菜+豚肉+きくらげ
スープ:カツオや昆布の出汁を活かしたあっさり系
麺:長崎ちゃんぽんに比べると細く、ラーメンのような麺

少し前になりますが、滋賀県民のソウルフードとして「秘密のケンミンショー」でも取り上げられていたので、ご存知の方も多いとは思いますが、ぜひ食べていただきたいので紹介しますね。

滋賀県とその近隣県にいくつかあるチェーン店「ちゃんぽん亭 総本家」。
今回は「長浜バイパス店」へ。

祝日でしたが、13時半にもかかわらず待ちの列がありました(さすがに14時頃には解消されていましたが)。
こちらの店舗は駐車場がやや狭いので、混んでいるときは気をつけて駐車してくださいね。

食券制なので、発券機で食券を購入します。
その時にJAFの会員証を提示すると、100円のトッピング(煮卵orネギ)のサービスがあるので、店員さんに伝えましょう。
なお、このサービスは会員証1枚につき1名のみの適用なので、会員の方は忘れずに持って行きましょう。
ちなみに私は煮卵にしました。

今回私が注文したのがこちら


1日分の野菜ちゃんぽん(850円)+煮卵トッピング
通常の「近江ちゃんぽん(650円)」よりも野菜が多いです。
野菜ばかり食べていると、麺が伸びてしまうので、同時進行でいきましょう。
長崎ちゃんぽんと違い、スープが透き通っており、かなり優しい味です。
少し物足りないと思う方もいると思いますが、またしばらくすると「久しぶりに食べたいなー。」と思わせてくれる味です。
(私にこのお店を紹介してくれた滋賀県在住の友人は「このスープに浸かりたい」と言うほど愛が深いです。)

テーブルに置いてある、コショウやお酢、ラー油をカスタムすることによって、味変も可能ですので、ぜひ試してみてください。
私はお酢をたっぷり入れるのがお気に入りです。

普通のちゃんぽんの他にも、味噌味やあんかけ、ラーメン、チャーハン、唐揚げなどもあります。
次回はあんかけにトライしてみようかなとも思っています。
(でも、久しぶりに行くと、結局ノーマルを選んでしまうんですけどね。)

子供の頃から「長崎ちゃんぽん」を食べて育っている私としては、どちらも甲乙つけ難いですが、あっさりしている「近江ちゃんぽん」は女性やお子さまでも食べやすい「滋賀のB級グルメ」だと思います。
これからの時期、温まりながら野菜たっぷり取ることができるのでオススメです(^^♪

ちなみに、愛知県内では「木曽川イオン」に店舗が入っているようなので、機会があればぜひ一度食べてみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です