30代超初級からの英語学習~スクール選び編~





目指せ!英語で日常会話!
こんばんは。
簡空インストラクターのsanaeです。
自分の実力は十分すぎるほど承知の上で、どのような方法で習得していくのか非常に迷いました。
予算を考えなければ、どこか通いやすいスクールにでも行けばいいのでしょうが、私、お金持ちではないので、習得方法に加えて、予算面も考えなくてはなりませんでした。

考えた方法としては……… ( )は私個人のイメージです

・大手の英会話スクール(安心して通うことができそうだが、金額が高そう)
・個人の英会話スクール(金額は大手のスクールよりは手頃だろうけど、相性やスケジュールの融通がきくのか心配)
・英会話カフェ(金額はスクールに比べるとかなりお手頃だろうが、来ている人のレベルが不明…というか、私のレベルでは相手にされなさそう)
・ネットスクール(自宅にいながらレッスンを受けられるのがメリット。ただ、細かいニュアンスなど、やり取りがしっかりできるのか不安。私のレベルではどうなんだろ??)
・完全独学(テキスト代のみと金銭面では一番安いが、会話をする機会がないので、習得までは難しそう)

これくらいでしょうか。

とりあえず、思い立ったら即行動!
ということで、まずは「大手の英会話スクール」に無料体験に行ってきました。
たまたまでしょうが、当日のお昼に思い立って、その日の夕方に予約ができましたので、仕事帰りに立ち寄ることができました。
こういう対応も大手の魅力ですね。

【体験の流れ】
簡単なアンケートや個人情報の記入

ネイティブの先生による現在の英語力のチェック&体験レッスン(50分程度)

受付で日本人スタッフさんからフィードバック・授業料の説明・見積り提示&説明

ネイティブの先生とは英語でのやり取りが中心ですが、どこからが雑談でどこからがテストなのか不明でした(^^;
思わず「え、まだ始まってなかったの!?」と普通に日本語で言ってしまいました(笑)。
初めての英会話。
英検4級の私には何のことやらさっぱり…という感じでしたが、苦手意識があった英語のわりには、楽しむことができました。
受付でのフィードバックでは
「リスニングや単語は結構できてるみたいですね。あとは前置詞の使い方を学習すれば、より丁寧な表現ができますよ。」と仰っていただきました。
え、あのレベルで!?
(テストの最後に先生がおもむろにペンを置いて、「What is this?」そうきたら、「This is a pen.」ですよね?まともに答えられたのこれくらいです。まさか、大人になって、「This is a pen.」を使う日が来るとは。)

大手のスクールはヨイショも必要なのですね(^^;

スクールよって違いますが、今回行ったスクールでは日本人講師によるグループレッスン(60分)と外国人講師によるグループレッスン(40分)を組み合わせたプランを見積りしていただきました。
年間約31万円………高い!
しかし、こちらのプランに限り、「一般教育訓練給付制度」という制度を利用することができ、国から20%の補助がでるので、少しですが、お値打ちになります。
それでも、月に換算すると2万円以上…しかも、1年間のレッスンが終わってからしか給付が受けられないので注意が必要です。
※「一般教育訓練給付制度」について
雇用保険の被保険者(または被保険者であった方)のうち、一定の要件に該当する方が。厚生労働大臣の指定した一般教育訓練を一定の条件を満たして修了した場合に上限10万円が支給されます。
授業の出席率やテストの正答率などの利用条件があります。

個人の感想としては、入会検討者ということも少しはあると思いますが、とても親切でした。
簡単に私が感じたメリット・デメリットをお伝えすると…

【メリット】
・大手の安心感(講師の身元もきちんとしていて、ノウハウがしっかりしている。)
・空きがあれば、他の校舎への振替も可能で、平日は会社の近く、土日は自宅近くという通い方も可能。
・短期留学のサポートをしてもらえる。
・一般教育訓練給付制度を受けられるコースがあることも。
【デメリット】
金額が高い
・月謝制ではなく、年払い
・テキストの買い替えが頻繁(年4回程度)



次に体験に行ってみたのが、自宅から徒歩圏内にある、小規模の英会話スクールです。
こちらも大手同様に対応がとても丁寧で好感が持てました。

【体験の流れ】
アンケート記入

ネイティブ講師による30分の体験レッスン

クラスわけのペーパーテスト

料金や通学可能なクラスについての説明

【メリット】
・月謝制で大手と比べると金額面でかなり負担が少ない。
週1で1回50分、4名以下のグループレッスンで約9500円。
年間12960円の会費が必要なので、月謝に換算すると約11000円。
教材も一度購入すると、1年使用できるので、金銭面で迷っている人にはかなり助かる。
通学距離が一番魅力的
【デメリット】
・教室自体がそこまで大規模ではないので、空いているクラスが少ない。
第一希望の曜日・時間に入れるとは限らない。
・上記の理由により、振替レッスンも日にちに余裕を持って決めないと消化できない可能性がある。

最後に体験に行ったのは、個人経営の教室で、自宅から車で5〜10分程度の場所にあります。

結論から言うと、最終的にこちらの教室に決めました

メールのやり取りはそこまで丁寧な印象を受けませんでしたが(ビジネス文書ではないという意味です。要は普通ということです。)、事前にホームページで内容を確認してみると、雰囲気などは良さそうだったので、とりあえず体験に行ってみることにしました。
何より、3スクールの中で月謝が一番安い(笑)。

個人経営なので、教室は先生の自宅です。
駐車場も自宅の車庫です。
私の車ですと、車幅ギリギリで、置いてある植木鉢を巻き込みそうでヒヤヒヤしました。
車から降りると、いきなり外国人の先生登場。
中に通されると、ずっと英語が続きます。
到着してから、一度も日本語を聞いていません。
本当にずっと英語です。
ホームページで「オールイングリッシュ」と謳っていましたが、本当にそうなんですね。
でも、そのスパルタ感が私には心地良いです。

【体験の流れ】
雑談(英語)

レベルチェック(もちろん英語)

使用テキストの決定(まだ英語)

一番簡単なテキストじゃないんだ…何度も確認しましたが、これでいいそうです。
(一番簡単なテキストは感覚的には中1〜2の英語の教科書レベルでした。←これが適してると思うんだけどなー。)

ここで、ようやく日本人女性登場。
システムや月謝の説明をしてくださいます。
おそらく、この方がオーナーなのですが、とってもサバサバしていて、話しやすい雰囲気の方でした。

【メリット】
・自宅から近い
月謝が安い(周辺相場と比べてもかなりお値打ち)
年間の設備費もお値打ち(500円/月)
・オールイングリッシュというちょっとしたスパルタ感(人によってはデメリット)
【デメリット】
・駐車場が少ない、狭い
・オールイングリッシュというちょっとしたスパルタ感(人によってはメリット)

今回体験に行った3スクールはすべてネイティブ講師でした。
ネイティブでない先生が教えているところもあるようですが、安くてもあまりオススメはしません。
極端な例えになりますが、日本語を習うときに中国人から習いたいか?と考えてみてください。
どんなに流暢でも、やはり独特のクセのようなものがありますよね。
ある程度英語を話すことができて、英語を忘れないために通うという目的なら、また選び方も変わってくると思いますが…。

習い事って選ぶのが難しいですよね。
でも、せっかく思い立ったのなら、勇気を出して体験に行ってみましょう!
ちなみにですが、私は今回2週間弱で決めました。



来週は初レッスン。
楽しみです(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です