お値打ちに川根茶を楽しむことができる穴場スポット「フォーレなかかわね茶茗舘」





こんばんは!
簡空インストラクターのsanaeです(^^♪
少しずつですが、暖かくなり、お出かけにはいい季節になりましたね。
花粉に負けずガンガン出かけたいと思います!

今回は静岡県へ行ってまいりました!
メインは静岡県榛原郡川根本町にある「夢の吊り橋」とダムカード♪
夢の吊り橋へ向かう途中、休憩がてら立ち寄った道の駅がとてもよかったので、紹介させていただきますね。
静岡県にある「フォーレなかかわね茶茗舘」です。

たまたま立ち寄った道の駅で、決して大きな道の駅ではありませんが、300円でお茶とお菓子のセットをいただくことができるということで、おやつついでにいただくことにしました。

300円でも安い!と思っていましたが、JAFカードの提示で50円割引の250円でいただくことができましたよ!

日本茶と紅茶から選ぶことができるのですが、今回は座敷でいただくことができる「日本茶」のセットにしました。
(紅茶は日本茶と香りが違うので、同じ場所では提供できないようです)

思っていたより素敵なお部屋!

忘れそうになりますが、ここは「道の駅」ですよ!!

少し待っていると、お茶のセットがでてきます。

私、お茶のたしなみに慣れておりませんので、何に使うかわからない茶器が…(^^;

スタッフさんがお茶の入れ方を丁寧に教えてくださいますので、川根茶を一番美味しい状態で飲むことができます!
私は初めて川根茶をいただいたのですが、とっても香りが強く(特に1杯目は)まったりとした飲み口が印象的なお茶でしたよ。
ちなみに小ぶりな湯呑みで5杯もいただくことができます。

私は20分程度の滞在でした。
夢の吊り橋など、他の観光地へ向かう道中にも気軽に立ち寄ることができますので、時間に余裕がある方にはぜひ立ち寄っていただきたいです!
素敵な庭園を眺めながら、ゆっくりとお茶とお菓子を楽しむことができますよ。

3月中旬、梅が満開でした。

観光地でちょっとお茶でも…と思うと、500円はしますよね。
それを考えると、300円でこれだけ満足できるって、なかなかないと思います。
今回ほ3月中旬の日曜日、午前10時の来訪で、茶室は貸切状態でした♪
午後、通り掛かったところ、車が何台か停まっていたのを確認できましたので、人が少ない中でゆっくりしたい方は、午前中の早めの時間がいいかもしれないですね。

スタッフさんの一番のオススメの時期は5月頃だそうです。
新茶をいただくことができるのはもちろん、周りの木々が萌え、緑がとても綺麗とのことです。
空気がとてもおいしく感じられるそうですよ!

<今回のスポット>
「フォーレなかかわね茶茗舘(ちゃめいかん)」
住所:静岡県榛原郡川根本町水川71−1
TEL:0547-56-2100
定休日:水曜日・年末年始・臨時休館
営業時間:9:30~16:30

スタッフさんがとっても親切に対応してくださいました◎
とても嬉しかったです♪




お茶もとってもおいしかったのですが、お茶菓子として出していただいた「茶羊羹」が絶品でした!!

「フォーレなかかわね茶茗舘」の方に聞いたところ、この羊羹は私が訪れた道の駅のお茶菓子として食べるか、製造している「光林堂」というお店まで行かないと 食べられないそうです。
(「フォーレなかかわね茶茗舘」では販売していません)
「光林堂」は新東名高速道路、島田金谷ICから向かうと、道の駅「フォーレなかかわね茶茗舘」の手前にあります。

ピンクのお店が目印です。

私は自宅用に5個入り(580円)を購入。

お土産用に 箱に入った10個入り以上のものもあるので、お茶菓子として、手土産にするのもオススメです。

↑その場で食べる用に購入した「お茶もなか」108円
こちらも絶品でした~。

調べてみると、こちら以外にも茶羊羹を作っているお店がいくつかあるようなので、食べ比べてみるのも楽しいかもしれませんね(^-^)

<今回のお店>
光林堂
住所:川根本町上長尾412
TEL:0547-56-0064
定休日:不定休
営業時間:7:00~19:00


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です