【ネタバレありあり】映画 麻雀放浪記2020を観てきました

2019年4月5日に公開となりました「麻雀放浪記2020」
阿佐田哲也作の「麻雀放浪記」が原案です。
(有名漫画「哲也」も麻雀放浪記が元になっています。)
いつでもどこでも漫画が読める!!【DMM.com 電子書籍】

私自身、麻雀放浪記はもちろん、「哲也」も読んだことがあったので、詳しいとまでは言えませんが、だいたいの登場人物はわかっているつもりでしたし、麻雀好きにはたまらない映画であろうということで、観に行ってきましたよ!

【ストーリー】
1945年から2020年にやってきたギャンブラーの坊や哲(斎藤工)は、自分が知っている戦後とは違った日本を目の当たりにする。高齢化と少子化による人口減少、共謀罪による言論統制などさまざまな問題を抱える時代に、坊や哲が麻雀で戦いを挑む。
(yahoo映画より)



愛知県では、豊橋・豊山・名駅の3ヵ所のみの上映、さらに出演者の中から逮捕者が出たという話題作!?
シティーハンターのときみたいに、チケットが取れなかったらどうしよう!!
と、ドキドキして映画館に行ったのですが、杞憂に終わりました。
ガラッガラ(笑)。
そりゃそうだよな…斎藤工の大ファンか麻雀好きしか観ないよな…。
そして、観に来ている人の年齢層が異常に高い…パッと見、私が最年少(笑)。
なかなかカオスな空間で上映スタート。

【感想】
ここからはネタバレなので、ご注意を。
「麻雀放浪記2020」の監督は「孤狼の血」などの作品でも有名な「白石和彌監督」です。
まず…本当に白石監督!?
「孤狼の血」がとても良かっただけに疑ってしまいます。
勝負師を熱く描いているゴリゴリの硬派映画でもないし、コメディにも寄せきれていないし……中途半端感が否めませんでした。
てか、これ「阿佐田哲也」原案って言っちゃっていいの!?

ですので、最初に言っておくと、突っ込みどころ満載で、そういうのが楽しめる方にのみオススメします。
間違っても映画にうるさい映画マニアの方にはオススメしません。
私はその辺はかなりユルいので、文句を言いながらも意外と楽しめました。
人気コミック絶賛発売中!【DMM.com 電子書籍】

突っ込み1
斎藤工が20歳の童貞役………いろいろ無理があります。

突っ込み2
「麻雀放浪記」の世界観はどこへ!?
あくまでも原案だから仕方がないのでしょうが…。
原作のことは忘れて観た方がいいかもしれません。
これに関しては事前に「あくまでも原案」ということをインプットしなかった私のミスでした。

突っ込み3
アガると「死ぬ」と言われている「九蓮宝燈(チューレンポウトウ)」が何度もテンパイ。
ありがたみがない…ちなみに私は九蓮宝燈でアガったのはゲームの1回だけです。

※九蓮宝燈(チューレンポウトウ)とは
同じ種類の役牌で1112345678999+1〜9のどれかで成立。

突っ込み4
その九蓮宝燈がカンチャン待ち。
カンチャン待ちなら死ななくても良くない?
そう思うのは私だけでしょうか…。

※九蓮宝燈の待ちについて
1112345678999の形ができており、1〜9のいずれかがきてもアガることができる「9面待ち」でアガった場合「純正九蓮宝燈」となる。
滅多にアガることができないことから、「運を使い果たして死ぬ」とまで言われている。
ローカルルールでダブル役満としている場合もある。

突っ込み5
待ちの「ウーピン」が出尽くしているのに、堂々とイカサマ。
え!?



【思わず笑ってしまったところ】
斎藤工が学ランにふんどしで麻雀を打っていたり、やらされているはずなのに、段々ポーズがさまになってくるシーン。

・なぜか煮えたぎる肉を手づかみで食らう←しゃぶしゃぶと言っていたが、どう見てもすきやき。

・シマウマ←これは説明し難いので、ぜひ観てください(笑)。

【意外と!?良かったところ】
ベッキーがAI(アンドロイド?)として登場するのですが、ハーフだけあってAI感が出ていたように思います。
そして、斎藤工の大ファンというわけではありませんが、やはり斎藤工はカッコよかったです
ドテ子役の子がネットでは「可愛くない」などと散々な言われようでしたが、個人的には場末感が出ていて(?)良かったように思います。

もっと麻雀のシーンが多いと良かったんですけどねー。
そしてもっと心理描写がしっかりとしていると私好みでした。

そこの映画「PG12」とありましたが、R15くらいじゃないかと思いました。
基準がイマイチわからん…。

ちなみに今回のブログのタイトルに用いている「ありあり」というのは、麻雀で「※喰いタン・※後付け」の両方がありというルールのことです。
※喰いタンとは
「ポン」「チー」「カン」など鳴いてタンヤオを作ること。
※後付けとは
1.アガるとき(ロン・ツモ)にアガり牌が出た時点で役が確定
2.「ポン」「チー」など、鳴いた時点で役が確定した場合
後付け「あり」では、アガった時に役があればOKなので、深く考えなくてもいいでしょう(^-^)
※基本的には「ありあり」でやることが多いですが、不安な方は確認してスタートしましょう。

最近では、麻雀教室も多くなっており、禁煙のところも増えてきています。
女性や初心者でも入りやすいところもたくさんあるので、麻雀に挑戦してみてはいかがでしょうか。
脳トレにもなりますし、おもしろいと思いますよ(^-^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です