愛車を少しでも高く売るには?200系クラウンアスリートVer.





ドライブ大好き!国内なら沖縄以外は車で行きたい!
簡空インストラクターのsanaeです。
実際、これまでに北は北海道、南は鹿児島まで愛車で一人旅をしてきました。

元自動車販売店の新車営業&女性目線+独断&偏見?ですので、そのあたりはご容赦ください(笑)。
ちなみに、車の中身に興味はないので、エンジン等は全くわかりません(ボンネットを開けるお客さまは苦手でした…)。

そんな私ですが、今年の秋に愛車も9年目の車検を迎えることになりました。
社会人になってから、新車を2台乗り継いで、初めて買った中古車でしたが、どうしても乗ってみたい車でしたので納車の日が待ち遠しかったことを今でも覚えています。
現在の車は年式のわりにはめちゃくちゃキレイですし、不具合もなく、全く不満はなかったのですが、2年後・4年後の車検を考えたときに、下取りとしてに価値や次の車の購入に不安を感じたので、今回代替を検討することにしました。

前置きは長くなりましたが、今回のテーマは【車を売る】です。

私が乗っている車を下取りに出すのはこれが3回目となるのですが、1回目は自動車販売店に下取りを出しました。
前回は2ヶ所で下取り査定をしてもらい、高かった方でお願いをしました。

今回は…
買い取り会社に出向いて買取価格を出してもらう

フリマ出品

ネットでの一括査定依頼

という流れで、以前よりも「少しでも高く!」と気合いを入れて挑みました。
…前回も買い取り会社の新入社員相手に「今から印鑑証明持って行くから、この金額で準備しておいてね。」とかなり強引なお願いをしましたが(苦笑)。
強めの交渉が得意な私(^-^;
アンケート記入でポイントバック♪

【今回買取を希望する車】

 

 

 

 

 

 

 

買取希望価格80万円(欲を言えば90万円)

【自動車買取会社へ】
まだ代替が決まっていなかったので、軽~い気持ちで車買取会社へ。
ちなみにこちらのG社は前回私が買取をお願いした会社の別店舗です。
駐車場に入るや否や「いらっしゃいませー!」と元気にお出迎え。
フレッシュですねー。
ベテランスタッフさんが査定を行っている間、担当の新人と思われるスタッフさんが私の相手をしてくださったのですが…次の車をその店舗で購入する予定は全くなかったので、ぶっちゃけ特に話すこともないんですよね(^-^;
(知ってるけど)買取の仕組みをざっと説明してくれるくらいでいいんだけどなーと思っていたのですが。
謎の自己紹介から始まるんですよね…これ、前回の査定時にも経験しています。
デジャヴ!?
のっけから「車のこと何も知らないんですよね~。ハハハ~。」
みたいな感じでしたが、個人的には私自身の勉強のためにもめちゃくちゃ契約取ってるスーパースタッフさんと楽しく話をしたかったです。
だからと言って、無視するわけにもいかないし。
適当に本でも読んで待っているから、放っておいてほしかったです。
ちなみに、私は自動車関係のお店に行くときは車にあまり詳しくない体で行きます…うっかり車種を型式で言ってバレかけたことはありますが(苦笑)。
(自動車関係の会社に勤めている方曰く、クラウンのことを「200系クラウン」とか「210(にーいちまる)クラウン」なんて言っている女性は私くらいのようです)
こちらの店舗では査定額を本部に送って、その後金額を出してくださるようで、結構時間がかかります。
軽い気持ちで査定にとはいえ、行く方は時間に余裕を持って行きましょう。
ちなみに出していただいた価格は65~70万円とのことで、ディーラー査定+20万円でした。

【ガリバーフリマに出品】
最初に訪れたG社で「ガリバーフリマ」の存在を教えていただいたので、早速活用してみることに。
以前にはなかったシステムですので、これは画期的だなーと思いました。
利用している方はよくわかると思いますが、メルカリなどの「フリマサイト」をイメージしていただくとわかりやすいです。

「メリット」
・自分が手元にいくら残したいかを伝えると、それに応じた金額で掲載してくれる(価格を自分で決められる)
・ガリバーで査定をお願いしていれば、「確認済」の表示がされるので、買う側も安心
・上記の場合、写真もカッコよく撮ってくれます
・フリマサイトに掲載され、誰でも見ることができるが、質問者や購入希望者とのやり取りはすべてお任せできる(むしろこちらでメッセージのやり取りをすることはできない)
・購入希望者がいても、絶対に売らなくてはいけない!というわけではない(納期や金額等、条件が合わなければ断ることが可能)
・名義変更などもすべてお任せできる(売った相手が名義変更をしてくれない!という心配は不要)

1~2日後にはサイトで出品した車を見ることができます。
自分の車と同じ車種・年式で検索をかけて相場を見てみると、みなさんなかなか強気な価格設定です。
ですので、「この金額で売れるなら、自分の車も結構いい値段で売れるのでは!?」
と錯覚してしまいます。
あくまでも、売る側の希望額ですからね…。
私も最初は120万円とディーラー査定額+70万円で出しましたが、代替がほぼ確定した時点で価格を下げて掲載していただくようお願いしました。
訂正は電話1本でできるので簡単ですよ。
※こちらのシステムは代替までに時間的余裕があって、より高く売りたいという方にオススメです。
今回、私は時間的余裕がなかったので、こちらは断念しました。



【買取比較サイト】
代替がほぼ決定的になってきて、なるべく早く売りたいという状況になってきたので「買取比較サイト」を利用しました。
これはネットで
・車種
・年式
・おおよその走行距離
など簡単な情報を入れると、複数社から買取価格の提示があるというもの。
1つご注意いただきたいのは、メール等ですぐに金額を教えてもらえるわけではないということ。
(外装など状態を見なければ正確な金額を出せないので、当たり前と言えば当たり前ですが…)
20:50頃ポチっとしたところ、20:58には1本目の電話が。
ここでは、事故歴や加点できるような装備を聞かれて、査定日の約束をします。

たくさんの業者さんを回るのは非常に面倒なので、「希望価格は90万円ですが、それに遠く及ばないようでしたら、お互い時間のムダになってしまいますし、まずはおおよその金額を教えていただけますか。」
と食い下がったのですが、やはりはっきりとした金額は教えていただけず。
しかし、「ローダウンしたクラウンアスリートは在庫がなく、弊社としてもぜひ欲しいと思っておりますので、ご期待に応えることができると思います。」
というリップサービスとも取れるような回答をいただきました。

まぁ、とりあえず査定しないことには始まらないので、多少のリップサービスも必要なんでしょうけど。
こんなこと言われたらちょっと期待しちゃいますよね!?

21時を過ぎたこともあり、この日はさすがに他社からの電話はありませんでした。
(しかし、翌日7:50を皮切りに、午前中だけでも8件の着信が。)

※こちらは
・なるべく早く売りたい
・複数の買取会社を比較したい
・営業の電話がかかってくることに抵抗がない
という方にオススメします。



とにかく時間がないので、最初に電話があったB社へは電話があった翌日に早速行くことにしました。
B社は「買取り・販売台数 日本一」を謳う、CMでもお馴染みの、皆さんが一度は耳にしたことがある会社です。
査定に20分程度かかります。
20分後、商談に入るのですが、オークション冊子を見せられて「オークションの価格がこれなので、ご希望の金額は難しいです」と回答をいただきました。
なぜはっきりとした金額を言わない!?
これはちょっと不満。
雰囲気では70万円すらも厳しい…?
全く読めない。
とにかく色々な意味で期待外れの結果でしたので、ここは早々に切り上げて終了。

【最終的に契約に至ったときのシチュエーション】
B社を出た時点で19時を過ぎていましたが、「このままでは終われない!!」と思い、愛知県名古屋市に本社を構えるN社に「今から行ってもいいですか?」と電話してみました。
N社はここ数年の間に東証一部に上場した勢いのある会社です。
こちらの会社も事前の電話で「他社に価格が劣るということはありませんので。」とかなり調子のいいこと(←失礼)を言っていたので、若干いや、かなり疑ってはいましたが…。
しかし、私この時点で「今日中に決めてやろう!」と戦闘態勢(?)に入っておりました。

到着するや否や「今日、いい金額が出たら、明日査定を予約しているところ断りますので、頑張ってくださいね♪」と軽めのプレッシャーをかけて査定お願い。
↑文章だけ読むと上から目線になりますが、実際は丁重にお願いしています。

ここでも20分程度査定に時間を要し、いざ商談スタート
B社と同じくオークション冊子を見せられて、いかに希望金額が難しいかを説明されます。
しかし!
B社で見せていただいたものと金額が違う…どういうこと??
(N社で見せていただいたものの方が金額が高かったので、もう少し交渉すれば目標金額もいけるかも!と希望が持てました)

さすがに90万円は無理だと思ったので、85万円を提案して82万円を落とし所にしようと作戦を変更しました。

営業の若いスタッフさんも私と店長の間を行ったり来たり…。
「78万円でお願いしたいです。」
これは向こうは80万円を落とし所としたい雰囲気。
そこで、
「これでは今日、この場で契約するという決め手に欠けるんですよね…。」
と伝えてみると
「何とか80万円まで持っていきたいので、もう一度店長に交渉してきます。」
と再度店長さんのところへ。
私の経験から、これはあくまでも演技というか演出だと思っています(違ってたらごめんね)。
※昔、自動車販売店で営業をしていたときに、こんな感じで最終金額を出していたので、どうしてもそう思ってしまうのです。



予想通り80万円で結論を持ってきたので、その金額で契約をすることにしました。

サラッと書いておりますが、2時間超のロング交渉でした…さすがに疲れました(^^;

82万円まで持っていくことができなかったことが少し心残りですが…金額がというよりは、私の交渉もまだまだですね。
事前に知り合いに聞いてもらっていたところでは、「頑張って70万円」と言われていたので、まぁ良しとしましょう。
↑自動車関係の仕事をしている人にこの話をすると、交渉が強いから!と引かれました…個人的には向こう(N社の担当者)が一枚上手だと思うんですけどね。

【まとめ】
・まずは査定しないことには始まらないので、買取り会社は電話ではかなり調子のいいことを言ってきます。期待しすぎないようにしましょう。
・今回実際に査定をお願いし、残念ながら契約に至らなかった買取り会社も車種によっては得意分野もあると思います。
3社くらいは比べてみることをオススメします。
・一番良いのは「今日車を置いていきます。」ですが、なかなかそうはいかないので、ある程度希望額に近づいてきたら「今日決めます」と意思表示をすると頑張ってくれると思います。
今回の私のように(予約をしていなかったとしても)「明日以降に査定の予約をしているところ、すべて断ります。」という一言も効果的だと思います。
・向こうの落とし所を探って、それより少しだけ高い金額で交渉してみましょう。
あまりにもかけ離れた金額ですと、相手にしてもらえない可能性があります。
・販売も行っている会社ですと、そこで車を買うと下取りも頑張ってくれます(今回私は該当せず)。
・オークション冊子は見せてもらうところによって価格が異なる可能性があるので、鵜呑みにしなくてOKだと思います。



今回私がお世話になったN社さんは次の車が納車されるまでの間、無料で代車を貸してくださいました。
次の日に雨が降るのに、洗車までして貸してくださり、印象がよかったです。
担当してくださるスタッフさんとの相性もあるかと思います。
今回の記事はあくまでも私の体験談になりますが、少しでも参考になれば幸いです。
車の買い替えを検討されている方が気持ちよく愛車を手放すことができるよう祈っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です