旅行・イベント・グルメ」カテゴリーアーカイブ

大人な雰囲気でこだわりの蕎麦を!名古屋駅エリア「鈴音」





先日、名古屋駅に行く用事があり、たまには名駅近くでランチでもしようと思ったので、リサーチしてみました。
今回は再開発で話題になっている、円頓寺商店街近くにある、大人な雰囲気のお蕎麦屋さん「鈴音」さんへ初往訪です。

【アクセス】

桜通線「国際センター駅」から5分、名駅エリアにお勤めの方も比較的利用しやすいところにあります。
車の場合は、店舗駐車場はありませんので、近隣のコインパーキングを利用することになります。
国際センター駅から離れた方が駐車料金は安くなります。
この日はどこも満車で、たまたま空いていた30分200円のところに停めました。
40分200円というところも見かけたのですが、こればかりは運ですね。

【外観・内装】

シンプルなつくりで、高級感があります。
事前に何のお店か知らないと、ちょっと入りずらいかも…でも、とっても素敵なお店ですので、ご安心を(^-^)
扉を開け、靴を脱いで中に入ります。
和モダンな内装で、とてもオシャレです。
カウンターと堀ごたつの席がありますが、席数は多くはないので、確実に入りたい方は予約をオススメします。
ちなみに、平日12:40頃伺った際には、カウンター席は余裕がありました。



【メニュー】
ランチメニューは1種類のみですので、メニュー表は見当たりませんでした。
お店の方が「お昼はそば、小鉢、ご飯ですが、よろしいでしょうか?」と聞いてくださるので、とりあえず「はい」と答えれば大丈夫(笑)。
これで注文完了。

【ランチ】
「そば、小鉢、ご飯もの(1200円)」
まずは「茄子の煮びたし」

上に添えられているのは蕎麦の実です。
茄子に味がよく染み込んでいて、とても美味しいです。
これだけで、すでに日本酒がほしくなります♪

次に出てきたのが「炊き込みご飯」と「お吸い物」

ご飯は優しめの味ですが、それがまた良いです。
お吸い物はご飯によく合う味で、出汁がしっかり効いています。
たっぷりの油あげが嬉しいです。

そしていよいよ、メインのお蕎麦です。

本格的な、2種類の蕎麦です。
左側が十割、右側が二八です。
いつもなら、十割を注文する私ですが、両方とも美味しいです。
どちらが好みか…うーん…選べません(^^;
とにかく絶品。
食べ比べられるのって、いいですね!
感謝を伝えるオリジナル名入れ酒専門店日本酒ギフト.com

【感想】
初往訪でしたが、期待を上回るランチでした。
提供されたときは、「足りるかな?」と少し心配になりましたが、意外とボリュームがあり、味・量ともに大満足でした。
ディナーは4500円〜とのことです。
日本酒や焼酎もいいものを置いていそうな感じでしたので、機会があれば ぜひまた訪れたいと思います。
お得な気分にもなりますし♪

<今回のお店>
鈴音
住所:愛知県名古屋市西区那古野1-23-8
TEL:052-565-0770
営業時間:11:30~13:30,17:00~22:00
定休日:月曜日

ランチの種類が豊富で大満足☆名古屋市緑区のおさかなダイニング「ゆうじん」





名古屋市緑区に2012年3月にオープンした、和食屋さん「ゆうじん」さんでランチしてきました♪
簡空インストラクターのsanaeです。

駐車場完備で、魚料理が美味しいお店を探していた中、ぴったりのお店でした◎

【アクセス・駐車場】

名古屋市緑区の住宅街にあります。
最寄り駅は徳重ですが、歩いて行くのは少し大変ですので、車で行くことをオススメします
駐車場は店舗に隣接して10台あります。
私たちが11:35に到着したときには、すでに満車でした。
少し離れたところ(お店の北側)に手羽先で有名な風来坊さんがあるので、満車のときはそちらの利用も可能です。

「ゆうじん」さんからは、徒歩2〜3分です。
なお、こちらの駐車場はお昼の営業時間のみ利用可とのことです。

【外観・内装】
外観はこんな感じです。

店内には、カウンター、テーブル席、奥には堀ごたつ席があります。
お子さま連れの方も何組かいらっしゃったので、安心して来店できそうですね。

【混雑具合】
参考までに…月曜日の11:35頃到着ですと、店舗に隣接した駐車場は満車、席も満席でした。
待ち時間は15分程度。
予約可のお店ですので、テーブル席や堀ごたつ席を希望される方は事前予約をオススメします。

【メニュー】
ランチメニューはお魚料理を中心に様々なメニューの中から選ぶことができます。

お馴染みのお魚から、食べたことがない魚まで、いろいろあるので、迷ってしまいます。
利用金額の最大100%ポイントバック♪

私ほ「いしもち」という魚を使った 日替わり定食1380円を注文しました。

↑入り口に掲示されていました。
ランチ一番乗りで1500円までの定食が1000円になるとのこと!!
かなりお値打ちですね…って、何時に来ればいいんだ!?

↑帰り際に見かけました。
12:30以降の来店でしか注文できないメニューのようです。
……気になる!

【定食】
まずは、定食が到着。

刺身(イカ、マグロ、サーモン、タコなど)・冷奴・サラダ&からあげ・もずく酢・漬物・ご飯・味噌汁
これだけで成立している感じさえします。
写真では分かりにくいかもしれませんが、からあげはなかなかのサイズです。

↑焼き魚の「いしもち」です。
身はふっくら、あっさりとした味で美味しいです!
添えられた大根おろしがいい仕事してます。




↑ちなみに、こちらは一緒に行った友人が注文した煮魚(メバル)です。
少し食べさせてもらいましたが、めちゃくちゃ美味しかったですよ♪

【感想】
観光地ではいただくことはよくありますが、愛知県内ではまだまだ未開拓の「和食ランチ」。
お値打ちでとっても美味しかったですよ!
次回は貝を使ったお料理を食べてみたいです。
ディナーも気になるので、機会があれば来てみたいと思います♪
ごちそうさまでした!

<今回のお店>
ゆうじん
住所:愛知県名古屋市緑区徳重5-1002
TEL:052-878-7272
定休日:木曜日
営業時間:11:00~14:00・17:00~24:00
喜ばれる出産祝いに、ふとんクリーナーレイコップ

女子ウケ抜群!店内のいたるところにこだわりを感じられるオムライスのお店「BAGUS (バグース) 」





こんばんは。
簡空インストラクターのsanaeです。

久しぶりにオムライスが食べたいと思い、車でのアクセスが便利なエリアで探したところ、名古屋市南区の人気店を見つけたので、行ってきましたよ。
その名も「BAGUS (バグース)」 さん。
内装にもこだわりを感じることができ、女子ウケ抜群だと思いますので、気になる方はぜひ(^^)

【アクセス】

日本ガイシホールの近くです。

【外観・内装】

言葉を選ばずに言うと、「めちゃくちゃキレイでオシャレ!」という外観ではないので、一瞬躊躇しますが、ご心配なく。
勇気を出して扉を開けましょう(失礼)。
いつもなのかはわかりませんが、この日はサンシェードを使用おり、「お店閉まってる?」と勘違いしてしまいましたが、日除けのためのようで、気にしなくてもOKです。

一歩店内に足を踏み入れると、バリを思わせる雑貨やインテリアが迎えてくれます。

スタッフさんの制服も雰囲気出てます。

席も広くてゆったりできますよ。
店内を見渡した感じ、お客様の層は圧倒的に若い女子!
女子高生や女子大生らしきかわいこちゃんでいっぱいでした。

【メニュー】
今回、私たちはオムライス目当てで訪れたのですが、オムライスだけでなく、パスタやフレンチトーストもあり、充実したラインナップだと感じました。

私たちはお得なペアセットを注文。

サラダ・オニオンリング&ポテト・から揚げ・オムライス(L)・デザート・ドリンク
がついて、2名で2980円というお得なセットです。
オムライスのソースは選ぶことができます。
デザートは+500円でフレンチトーストに変更できるので、せっかくだからと「白桃コンポート」に変更しました。





【料理】
まずはサラダ

これはいたって普通のサラダです。

この辺りから、量の多さを感じ始めます。
この後、から揚げもくるんだよな…。

出たー!
写真で伝わるでしょうか!?
なかなかのデカさ。
これは若者喜びますねー!!
客層に納得。
私、結構食べる方ですが、それでも多く感じます。

待ちに待ったオムライスの登場。
こちらはデミグラスソースです。
真ん中にスプーンでザクザク切れ目を入れて、パカッと卵を広げて食べます。

↑こういうのって、緊張しますよね。
でも、大丈夫!
割り方を教えてくださいますし、テーブルにも説明書きが置いてあります(^^♪

チキンライスはコショウが効いていて、若干スパイシーです。
卵はフワトロ系で女子が好みそうなオムライスです。



ラストはフレンチトースト。

か、かわいい…女子の食べ物ですね。
そして、ここに来てこのボリューム!!
これはマズイ…と思いながらも完食♪
一緒にいた友人は限界に近そうでした(^^;

【感想】
若いお客さんが多いのも納得!のボリューム。
食事だけでなく、夜カフェとしても利用できそうなお店でした。
爪楊枝がないというのが少し気になりましたが(若者には必要ない?)次回行く際にはパスタも食べてみたいです。
ごちそうさまでした!!



<今回のお店>
BAGUS (バグース)
住所:愛知県名古屋市南区浜田町2-14
TEL:052-614-4606
定休日:火曜日&毎週月曜日はランチ営業のみ(14:00 L.O→15:00閉店)
営業時間:ランチタイム11:00~14:00、ティータイム16:00~18:00、ディナータイム平日18:00~22:30(L.O 22:00)
土日祝日18:00〜23:00 (L.O 22:00)
※予約はできないようなのでご注意を。

登山初級者が1425段の石段に挑戦してきました!愛知県新城市鳳来寺山





ハイキングから登山へステップアップしたいなぁと考えている今日この頃。
前回よりも標高の高い山に挑戦してきました!
簡空インストラクターのsanaeです。

今回は新城市にある「鳳来寺山」へ行ってきました。

鳳来寺山には鳳来寺だけでなく、三大東照宮の1つ「鳳来山東照宮」や「表参道仁王門」など見処もたくさんあるので、オススメですよ♪

鳳来寺山は登山レベルでいうと、中級になります。
これは、下から続く1425段の石段を含めたコースです。
というわけで、今回私は気合いを入れて1425段の階段も含めて挑戦してきましたよ!

私と今回一緒に行った友人の登山レベルは【初級】です。
ただ、彼女は数年前に駒ヶ岳を登頂しているので、私より登山経験があります。

【アクセス】
鳳来寺山へは新東名高速道路「新城IC」から北へ約30分。
今回は階段入り口近くにある「鳳来寺山自然科学博物館」をカーナビの目的地にして向かいました。

有名な観光地なので、迷うことはなさそうです。

【服装・持ち物】
日帰り登山ということで、わりと荷物は少なめです。
この日の新城市の最高気温は29度でした。
服装
・Tシャツ
・短パン+機能性タイツ
・帽子
・アームカバー
・タオル
・トレッキングシューズ+厚手の靴下
リュックの中身
・携帯(ネックストラップ付)
・小銭
・水分(600mlの麦茶+500ml程度水筒に水)
(ケガをしたときなど、傷口をゆすいだりするのに使えるので、水は持っておいた方が良さそうです)
・バンドエイド、胃薬
・アウター(ジャージ程度の薄手のもの)
・ゴミ袋
・レインコート
・塩分補給タブレット
・コンビニで購入した弁当・おやつ

友人が虫除けスプレーを用意してくれました。
これは必須です!
ベルタ酵素

【駐車場・出発時間】
博物館の駐車場は駐車禁止なので、停めないようにしましょう。

その手前にあるこちらの駐車場を利用しました。
季節(紅葉シーズン)によっては有料という情報もありましたが、今回は無料でした。

お手洗いもありますし、階段まで10分程度ですので、オススメですよー。
階段のすぐ近くに500円の駐車場もありますので、少しでも近くに停めたい方はこちらを利用しましょう。

駐車場の出発時間は10:50頃。
(もう少し早く開始する予定でしたが、のんびりしていたらこの時間になっていました(^^;)

↑駐車場から石段に向かう道で撮影しました。
紅葉の時期はきっとキレイだろうなぁ。

【1425段の石段に挑む!】
11:00

いよいよ石段に挑みます。

今までに山形県の山寺(1333段)、香川県のこんぴらさん(1300段)に挑みましたが、それよりも更に多い1400段超えです。
こんぴらさんのようにお店があるわけではないので、気が紛れないです…。

↑5分ほど歩くと、「鳳来寺仁王門」が見えてきます。
この時点では見えているだけなので、頑張って階段を上ります。

こちらの仁王門は国重要文化財に指定されているようです。

この時点で225段………まだまだ先は長いです。



仁王門から5分ほどで「傘すぎ」があります。

写真で伝わるでしょうか…かなり大きな木です。
圧倒されます。

石段を上り始めて約20分、11:20頃の写真。

594段か…「まだ半分も来てないね。」と軽く落ち込みます。

892段!

階段もいよいよ後半です。

11:41の写真

この階段を上ってきたのか〜という、達成感があります。

コースの左側に「龍の爪あと」が見えたので、少し寄り道しました。

…どの部分が爪あとなのか…私にはわかりませんでした(^^;

さらにその奥には「胎内くぐり」があります。

コースからすごく外れているわけではないので、ぜひ立ち寄ってみてください。

ここまで来たら、階段のゴールはすぐそこです!

↑この看板が見えてきたら、「鳳来寺本堂」が見えてきます。
一旦ゴールです!!

ここまで55分。
途中休憩や胎内くぐりに立ち寄っての所要時間です。

※本堂の右側には自販機やお手洗いがあります。
自販機は少し割高ですが…まあ、仕方ないですよね。
お手洗いはこの先にはないので、ここで済ませておきましょう。

日本最大級のレジャー総合情報サイト「asoview!(アソビュー)」

本堂向かい側にある休憩処でお昼ご飯。

来る前にファミリーマートで調達しました。
おいなりさんの味が疲れた体に染み渡ります…。

お弁当を食べつつ、景色を臨むこともできます。

なお、ここまでは近くに駐車場があるので、車で来て本堂にお参りしている方もいらっしゃいましたよ。
私たちも安全を祈願しました。

【登山開始!】
達成感に浸っていた私たちですが、登山はここからが本番です。
12:30頃
お腹が満たされたところで、出発です。

私たちは
鳳来寺本堂→奥の院→鳳来寺山頂→天狗岩→鷹打場→東照宮→鳳来寺本堂
というルートで挑みました。

これまでの階段に比べると、かなり足元が悪くなるので、トレッキングシューズ等のしっかりとした靴で行きましょう。

↑かなり狭くなっている道もあります。
写真を撮影するときは、必ず立ち止まって撮影しましょう。
歩きスマホ厳禁!!



13:07
「奥の院」に到着

13:09
奥の院から少し行ったところの景色です。

足がすくむような高さです。

曇っていたのは残念でしたが、比較的遠くまで見渡すことができて絶景!!
頑張って登って良かったな~と思わせてくれます(^^♪

達成感に浸りたいところでしたが、16時には下山したいと考えていたので、少しペースアップすることに。
こういうときに「もう少し早く家を出ていれば…」と思うんですよね(苦笑)。

13:27
鳳来寺山頂到着。

ここでは景色を臨むことができなかったので、サラッと通過。

途中で出会った生き物たち

カエルとヘビです。
普段なら絶叫モノですが、小さいから大丈夫。

13:55
天狗岩に到着。

こちらもとてもいい景色でした。

↑有名な「ハートの山」です。
私の写真の撮り方が良くないのか、イマイチわかりにくいですが。。。

レイコップ公式オンラインストア

14:27
鷹打場に到着。

本ルートからは少し外れますが、5分程度ですので、時間と体力が残っていれば立ち寄ってみてください。

この登山もいよいよ終盤。
東照宮へ向かいます。

終盤ということもあり、少しは気が楽になってきましたが、気が抜けません。

14:56
ついに東照宮が見えてきました!

こちらの東照宮は「日光」「久納山」と並ぶ三大東照宮です。

徳川3代将軍「徳川家光公」が発願し、4代将軍「徳川家綱公」の時に完成したそうです。
歴史を感じられるとても良い場所です。

15:10
無事に鳳来寺本堂まで戻ってきました!
少し休憩を取り、上ってきた1425段の階段を下ります。
この時点で筋肉痛確定です…足が震える…。

15:53
行きに通った仁王門まで下りてきました!

ゴールはすぐ近くです!

16:13
無事駐車場に到着!!!
靴を履き替えた時の爽快感が凄すぎます。



【感想】
初の鳳来寺山でしたが、(ところどころ大変なところはありましたが)比較的歩きやすいコースでした。
ただ、普通のスニーカーですと、滑る危険がありますので、トレッキングシューズなどをオススメします。
完全な初心者の方にはオススメしませんが、ちょっとしたハイキングを経験した方であれば十分行くことができると思いますよ♪
9月中旬でしたので、16時過ぎでも十分明るかったのですが、これから日が短くなってきますので、今後挑戦される方は明るいうちに戻ってくることができるように計画を立ててくださいね。

【追記~登山の後のお楽しみ~】
我々の登山の後のお楽しみと言えば、「温泉」!
今回は近くの「湯谷温泉」にある「鳳来ゆ~ゆ~ありいな」さんへ。
大人1名610円で露天風呂も楽しむことができますよ。
比較的遅くまで営業しているというのがありがたい!
湯上りに美味しいコーヒー牛乳の自販機や食事処もありますよ♪

<施設情報>
鳳来ゆ~ゆ~ありいな
住所:愛知県新城市能登瀬壱輪23-1

TEL:0536-32-2212
営業時間:10:00~20:30(閉館21:30)
休館日:毎週火曜日(ただし、祝日の場合は翌日)と12月29日~1月1日
入浴料:大人610円、小学生300円、幼児(0歳~)150円

名古屋市緑区の絶品和食ランチ☆「魚神(うおかみ)」





最近、ランチの新規開拓にハマっております。
簡空インストラクターのsanaeです。

今回は名古屋市緑区にある「魚神」(うおかみ)さんでランチをしてきました。
(魚神と表記していますが、実際はさかなへんに神をつけた創作漢字のようにも見えます。)

何年か前に、店名が「さかなやま」だった頃に一度、夜ご飯を食べに行ったことはありますが、お昼の往訪は初めてでしたので、とても楽しみでした♪

【アクセス・駐車場】

名古屋市緑区の端に位置する「白土」というところにあります。
駅の近くではないので、車かバスで行くことをオススメします。
駐車場はありますが、かなり狭いので、運転に自信がない方はくれぐれも気をつけてくださいね。
駐車場が用意されているだけでもありがたいんですけどね。

【外観・内装】

↑外観はこんな感じです。

↑店内は清潔感があり、席もゆったりとしています。
比較的スペースに余裕があるので、隣の席が近すぎるという感じはしませんでしたよ♪
(個人的感想ですが)
個室もあります。



【混雑具合・予約は必要?】
ランチの営業時間は11:00~14:30(料理・ドリンクともにラストオーダー14:00)です。
今回は11:20頃に到着したのですが、駐車場・席ともに余裕がありました。
しかし、11:30を過ぎた辺りから続々とお客様が!
予約をしている方は個室に通してもらっていたので、個室を利用したい方は予約をした方がいいかもしれません。
個室希望でなくても、12:00前後に確実に座りたい方は予約をしましょう。
ちなみに、料理の提供時間は20分程度と少し待ちます。

【メニュー】


日替わり御膳や魚御膳など、こだわりを感じられるメニューの中から選ぶことができます。
私は「本日の煮魚御膳(1480円)」にしました。
ちなみにこの日の煮魚は「カレイ」でした。
楽しみー♪



【御膳登場!】

こちらが煮魚(カレイ)御膳の全貌です。
おぉー!
なかなかのボリュームです!!

どれも優しい味付けながらも、物足りないということはなく、とっても美味しかったです。
量も大満足で、ご飯を少し減らしても良かったかもと思ったくらいでした。
おそらく、殿方でも満足できます。

【感想】
ランチ初応報の「魚神(うおかみ)」さんでしたが、コスパの良い大満足ランチでした◎
名古屋市東部に行く機会がある方はオススメですので、ぜひ行ってみてください☆

<今回のお店>
魚神(うおかみ)
住所:愛知県名古屋市緑区白土401 1F
TEL:052-879-3317
営業時間:11:00~14:30 (料理L.O. 14:00 ドリンクL.O. 14:00)
     17:00~23:00 (料理L.O. 22:30 ドリンクL.O. 22:30)
定休日:なし


ドーサの時代到来!?インパクト強めの南インド家庭料理専門店「カルナータカー」





こんにちは!
簡空インストラクターのsanaeです。
先日、名古屋では珍しい南インド家庭料理専門店「カルナータカー」さんへ行ってきました。
2017年から現在まで「食べログ」カレー部門百名店にも選ばれているこちらのお店、最近ではインパクト強めの店主とともにテレビでもよく紹介されています。
非常に気になっていたので、満を持しての往訪です。

【アクセス】

名古屋市営地下鉄東山線 藤が丘駅から徒歩14分のところにあります。
ちなみに、地名は「豊が丘」と書いて、「ゆたかがおか」と読みます。
私は「とよがおか」と勘違いしており、ナビで設定ができず、かなりのタイムロスをしてしまったので、ご注意を。
…って、こんな凡ミス私だけ?

【駐車場】
お車でお越しの方は、無料駐車場があります。

店舗前に2台、少し離れたところにも5台停めることができます。
第2駐車場は店舗裏の「豊が丘小学校」向かい側にある「柴由パーキング」です。

砂利の駐車場ですので、雨の日は水溜まりに気をつけましょう。

この駐車場からはお店がある大通りには出られません。
お店までは、徒歩2〜3分といったところでしょうか。



【店舗外観・内装】

こじんまりとしたお店ですので、うっかり通りすぎてしまいそうなので、ご注意を。
傘立てはドアの左側にありました。
ちょっとわかりにくい…。

店内はインド映画のポスターや雑貨が多く並べられており、独特な雰囲気が出ていました。
雑貨の販売も行っているようなので、興味がある方はぜひ。
混雑具合ですが、平日(天気:雨)の18:30頃に往訪した際は比較的空いていましたよ。

【メニュー】

私はドーサとライスの両方が付き、カレーを3種類選ぶことができるAセットにしました。

Aセット
カレー3種類とつけあわせ&ドーサ&ライス 1480円
カレー3種類とつけあわせ&ライス 1200円
サンバール(南インドを代表する豆と野菜のカレー)と
黄色ライスはおかわり可能。
☆店内正面上部にある黒板の
黄色枠、赤色枠のなかから好きなカレーを3種類お選ぶことができます。
赤色枠を選んだ場合、追加料金がかかります。

・Bセット
カレー2種類とつけあわせ&ドーサ  800円
カレー2種類とつけあわせ&ライス  800円
☆店内正面上部にある黒板の
黄色枠、赤色枠のなかからお好きなカレーを2種類選びます。
赤色枠を選んだ場合、追加料金がかかります。

※Bセットはおかわりできません。
※A B共 ドーサから
ウッタパン(野菜の入ったインドのお好み焼き)に変更も可能。

カレーの種類は日替わりと思われるので、行ってみてのお楽しみ♪です。



ちなみに、ちょいちょい出てくる「ドーサ」というのは、
米とウラッド・ダールを吸水させてからペースト状にすりつぶし、泡が立つまで発酵させた生地を熱した鉄板の上でクレープのように薄く伸ばして焼いたもの(Wikipediaより)
米・豆・スパイスでできているので、小麦粉アレルギーの方も安心して食べられそうですね(^^♪
オーナーのエプロンには「ドーサの時代へ」と堂々と書かれています。
テレビで見たやつだ!!!

【ドーサ登場!!】

食べる前にオーナーが食べ可食べ方を説明してくださるのですが、木の指し棒を使用しての説明です。
学校…!?
そのインパクトが強すぎて、肝心の説明が全然入ってきませんでした(笑)。
ちなみに、ドーサは右手前のものです。
(破れているのは、私が写真を撮る前に食べようとしたためです…)

せっかくなので、まずは「ドーサ」から。
中に入っているじゃがいもがカレーによく合い、美味しいです。
オーナーが最初に言ってくださった通り、じゃがいもがポロポロこぼれてきますが、気にせずに食べます。
カレーは辛みはほとんどないので、刺激が欲しい方は卓上のスパイスでカスタムしましょう。
Aセットに方はライスやカレーが少なくなってくると、オーナーがおかわりを入れてくれます。
ライスは結構多めに入れてくださるので、自信がない方は「少なめ」と一言伝えることをオススメします。
私、油断しており、その一言を言うことができず…お腹いっぱいすぎて苦しむことに(^-^;

↑こちらは南インドの「キングフィッシャー」というビールです(600円)。

【感想】
念願だった南インド料理でしたが、期待通りとても美味しかったです(^^♪
次回は渡り蟹のカレー(980円)にしてみようかなと思います。
独特な雰囲気はクセになるかも!?
気になる方は勇気を出してぜひ!
アーユルヴェーダ講習会などイベントも行っているようですので、ホームページもチェックしてみてくださいね☆
ごちそうさまでした(^^♪
ファンくる

<今回のお店>
南インド家庭料理 カルナータカー
住所:愛知県名古屋市名東区豊が丘1809
TEL:090-1863-1135
定休日:毎週月曜日&第1、第3火曜日
営業時間:11:00~14:00・17:30~21:30

マイナスイオンたっぷりでリフレッシュにも◎滝行体験をしてきました





先日、ハイキングも兼ねて「滝に打たれるツアー」に参加してきました。
マイナスイオンたっぷりの散策路を歩き、神聖な雰囲気の中滝に打たれるというのはとても気持ちが良かったですよ。

【参加したツアー】
さすがに個人で滝行をするというのは難しいので、ツアーに申し込みました。
今回は三重県名張市の赤目四十八滝で行われている「赤目四十八滝エコツアーデスク」さんが開催している「滝に打たれて自分を磨くecoツアー」に参加しました。
じゃらんnetから申し込みをし、1人3000円でした(対象:16歳以上)。
この金額には、ガイド料・保険料・入山料(大人1名400円)・温泉入浴料(対泉閣の場合850円)・白装束、沢靴、滝行時に使用するバスタオルのレンタル料が含まれていますので、個人的にはかなりお値打ちな感じがしました。
最少催行人数は5名とのことなので、申し込みが完了しても、必ず催行されるわけではないので、不安な方は電話で問い合わせてみましょう。
ちなみにですが、私が行った日の参加人数はお盆明けの平日で8名でした。
じゃらんnet

【愛知県名古屋市からのアクセス・駐車場】

今回私は現地まで車で行きました。
友人と名鉄上小田井駅で合流し、名二環(山田西IC)→東名阪自動車道→名阪国道というルートで向かいました。
途中、御在所SAで15~20分ほどお昼休憩を取り、約2時間半で到着。
(このルートの中では御在所SA以外ですと、関ドライブインや道の駅がありますが、個人的には御在所SAが一番オススメです。名阪国道を下りて、名張市内を走行中には飲食店はほとんど見られなかったので、名張市内でと考えている方は事前にリサーチをしておきましょう。)
事前に調べた際には2時間と予想していたので、思ったよりも時間がかかった印象でした。
駐車場は少し離れたところに500円というところを見かけましたが、集合場所のすぐ近くに800円のところがありましたので、今回はそちらを利用しました。
入浴予定の対泉閣さん向かいでしたので、温泉セットは車の中に置いておいても、すぐに取りに行くことができたので、便利でしたよ♪

【服装・持ち物】
序盤はハイキングコースなので、普段着やサンダルでも大丈夫だと思いますが、私たちが訪れた「大日滝」へは岩がある急な坂を登っていくので、必ずスニーカーやトレッキングシューズで行きましょう。
今回参加した8名(全員女性)はみなさんスニーカーを履いていましたが、途中で川を渡る際に足元が濡れそうでしたので、その時点で全員沢靴に履き替えました。
ですので、トレッキングシューズまではなくてもいいかなぁという感じでした。
服装はハイキングや登山に適したもので行きましょう。
この時期はとにかく汗をかくので、タオルと飲み物は必須です。
帽子もあるといいです。
白装束は水に濡れるとびっくりするくらい透けるので、水着は忘れずに持って行きましょう。
滝に打たれる際に使用するバスタオルは貸していただけますが、温泉に入る際に使用するタオルは有料なので、注意しましょう。

【到着・準備】
14時からのツアーに申し込んでいたので、13:30が集合時間でした。
私たちはほぼ定刻通りにビジターセンターに到着。

滝に打たれる際に白装束を着用するのですが、その下に水着を着用するので、あらかじめ水着を着用しておくと楽です。
(ビジターセンター内に更衣室があるので、そちらで水着を着用することも可能です。)
沢靴(水に濡れても滑らない靴)を貸してくださるので、サイズをお伝えします。
23.5㎝はなかったので、該当される方は23か24㎝を選びましょう。

【出発~ハイキング】
こちらが赤目四十八滝への入口です。

通常、大人400円が入山料としてかかりますが、今回はツアー代金に含まれているので、そのまま通り抜けます。
オオサンショウウオセンターを通り、ハイキングコースを歩いて滝へ向かいます。

赤目四十八滝の名前の由来ですが、

『赤目』の由来は、役の小角(えんのおづぬ)が滝に向かって行を修めていると、不動明王が赤い目の牛に乗って出現したという伝説から来ており、 『四十八』とは数が多いことを意味するそうです。

滝が48あるから「四十八」というわけではないようです。
ガイドさんがいると、こういう説明をしてくれるので、ありがたいですねー。

ガイドさんによると、滝には「雄滝」と「雌滝」があり、人が入っていいのは「雌滝」のみとのこと。
「雄滝は入ると捕まってしまうので、近づかないようにしてくださいねー。」と爽やかな笑顔で仰っていました。
雄滝は大きくて勢いもあり、滝壺があり、危ないので、滝行はもちろんのこと、常識のある方は入ったりしないと思いますが…。

マイナスイオンをたっぷり感じながら歩くのは非常に気持ちが良かったです。
川を渡る前に沢靴に履き替えます。

ここから先は急な岩の階段(?)を登っていきますので、気合いを入れて行きましょう。

途中、何度か休憩を設けてくださるので、体力に不安がある方もご安心を◎



【いざ、滝行へ!!】
休憩をはさみつつ、約50分で目的の「大日滝」へ到着。
ガイドさんが白装束に着替えるテントを設置してくださいます。
すでに水着を着用しているので、テントは必要ないといえばそれまでですが、そういった気遣いも嬉しいですね。
全員が着替えを終えたところで、滝行についての説明を聞きます。
ガイドさんが口頭で説明をした後、実際にやってみせてくださいます。

着ている服のまま、普通に滝行を始めるので、ちょっとびっくりしましたが
まずは滝に向かって一礼。

滝の一番強いところが頭の中心に当たるように座ります。
座り方は胡坐でも、伸ばして座ってもどちらでもいいようです。
白装束は濡れると張り付くので胡坐よりも、足を伸ばして座った方がやりやすいように感じました。

そして、終わったら、再び滝に一礼。

私が実際に体験したときの写真です↓

水はやや冷たく感じましたが、初の滝行はとても気持ちが良かったです。
思っていたよりも寒くなかったので、今の季節にぴったりのアクティビティ(?)だと思います。

帰りは来た道を戻るのですが、下りなので滑らないように非常に気を遣いました。
行きよりも皆さん無言で必死に下りている印象でした。

【温泉】
予定通り16時頃にビジターセンターへ到着。
こちらで解散となります。
希望すればガイドさんが撮った写真をメールで送ってくだるようです(^^♪



私たちは小腹が空いたので、すぐに温泉に向かわずにおやつタイムにしました。

草だんご(1つ130円)
疲れた体に甘い物が染み渡る~。
美味しかったです。

入浴はビジターセンターすぐ近くの「対泉閣」さんか、車で5分ほど下ったところにある「山水園」さんに行くことができます。
今回は目の前にある「対泉閣」さんへ。

とても良い雰囲気で、次回はランチや泊まりでも来てみたいなーと思わせてくれるようなところです。
ホテルの方も親切でした^^

【まとめ】
近年、結婚式の余興ムービーでも行う方が多い「滝行」。
(禊が必要なことでもあるのでしょうか…。)
話の種にという気軽な方から、精神を統一したいという方まで様々な方にオススメですよ。
私が参加した今回のツアーは1人で参加されていた方もいらっしゃったので、安心して参加できると思います。

街中に近い滝行体験も利便性が良くて気軽ですが、赤目四十八滝のツアーは現地までハイキングをすることができますので、自然をより満喫することができます。
また、少しだけ頑張って歩くので修行してる感(?)が出て、神聖な気持ちで滝に打たれることができました。



ちなみにですが、このツアーを行っている会社では忍者体験もできるようなので、お子さま連れの方はそちらもぜひ!
…私も大人の忍者やってみようかな。
どんくさい忍者ですが(^-^;

名古屋で昔から愛されるとんかつ屋「とんかつ比呂野」さんへ行ってきました





最近とんかつを食べることが多いような気がします…簡空インストラクターのsanaeです。

名古屋市昭和区に昔からある有名店、「とんかつ比呂野」さんへ行ってきました。
比呂野と言えば、とんかつが有名ですがら元々は喫茶店で、最近では天むすやうなぎの店舗も展開しているようです。

【外観・アクセス】

↑夜の様子

昭和区の住宅地にありながら、駐車場完備ですので、非常にありがたいです。
公共交通機関を利用する場合ほ名古屋市営地下鉄 鶴舞線「川名駅」から徒歩10分程度のところにあります。

【待ち時間】
今回私は友人と2名で、金曜日の19:30頃往訪。
外まで並んでいるということはありませんでしたが、店内はお客様でいっぱいでした。

カウンター後ろの椅子に座って待ちます。
並んでいる間に注文を取りにきてくださるので、席に座ってからの待ち時間は短いです。
私たちは座敷・カウンター、どちらでもよいと伝えたので、待ち時間は約10分でした。
座敷を希望される方は、もう少し待つかもしれませんね。

【メニュー】

人気コミック絶賛発売中!【DMM.com 電子書籍】

私たちは揃って「ミックスフライ定食」を注文。
カツも食べたいけど、エビフライも食べたい!という願いを叶えてくれます。
周りの方はヒレカツを注文している方が多いように感じました。
ご飯と味噌汁がおかわりできるのは嬉しいですね!
…1杯で十分な量があるので、我々はNoおかわりでしたが(^^;
ちなみにですが、夏季限定で+200円でみぞれを付けることも可能です。

あっさり食べられそうですね♪

【実食】

付け合わせはキャベツだけというお店も多い中、こちらの定食はサラダ部分が充実しています。
ドレッシングが美味しいので、ペロッと食べられます♪
カツはもちろんのこと、エビフライや魚のフライも揚げたてで美味しい!
卓上の岩塩やソース他に名古屋らしく、味噌ダレで食べるのもオススメです。

エビフライや魚のフライはタルタルソースがよく合います。
個人的意見になってしまいますが、カツにもう少し厚みがあると嬉しいなー。

【感想】
名古屋市内で古くから愛されている名店というだけあって、平日の夜でも多くのお客様で賑わっていました。
お値打ちにボリュームのある定食を食べることができるので、普通量の定食では物足りない方にもオススメです。
また、出前対応もされているようなので、お近くの方はご自宅や職場でこの味を楽しむことも可能です。
次回は喫茶店の比呂野さんでカツサンドを食べるのもアリかなーとも思っています。
初往訪満足でした。
ごちそうさまでしたー!



<今回のお店>
とんかつ比呂野
住所:愛知県名古屋市昭和区山花町116
TEL:052-763-2643
(予約不可ですので、ご注意ください)
営業時間:[平日]11:00~15:00(L.O.14:30),17:00~21:30(L.O.21:00)
[土・日・祝]11:00~15:00(L.O.14:30),17:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:なし

野菜たっぷり!浜松餃子の有名店「むつぎく」

今日も暑いですね!!
お盆休みに入られた方も多いと思いますが、みなさんご予定はありますか?
私は…暦通りですので、明日からまたお仕事が始まります(-_-;)
簡空インストラクターのsanaeです。



連休中日の昨日、静岡県浜松市の浜松餃子の超有名店「むつぎく」さんへ行ってきました。

【アクセス】

JR浜松駅から徒歩3分とかなりアクセスがいいです。
スーツケースをガラガラさせながらいらっしゃる方もちらほら。
私は車で行きましたが、東名高速浜松ICより15分程度と車でのアクセスもいいです。
店舗駐車場はありませんので、近隣のコインパーキングを利用しましょう。
店舗すぐ隣は満車になっていましたが、周辺にはいくつかコインパーキングがありますので、停められないということはなさそうです。

駐車料金は40分100円~30分200円のところが多いです。
格安航空券のネット予約受付中|格安航空券モール


【待ち時間】
連休中日の待ち時間ですので、あくまでも参考程度に。
お昼の営業時間に伺いました。
11:30オープンですので、10:45頃到着しました。
…がこの行列。

40人近くの方がすでに待っていました。
列の前のほうの方(10人くらい)は日陰に入ることができますが、基本的には日陰はありません。
この季節は暑さ対策を必ずして行きましょう。
私も帽子・タオル・日傘・麦茶を持って挑みました。
男性の方も日傘を持っている方が多かったです。

今回1巡目で入ることはできませんでしたが、比較的回転が早いので並び始めて約1時間で入ることができました。
とはいえ、炎天下の1時間は辛いです。
覚悟して行きましょう。
(行列を見て断念している方もかなりいらっしゃいました)

ちなみにですが、12時頃にはお昼営業の受付をストップする看板を出していました。

【特選無添加ぎょうざ鍋】


【店内】
店内は、カウンター、テーブル、座敷席があります。

↑カウンター席の様子

座敷席はお子さま連れ優先のようです。
外は暑かったですが、エアコンが効いていて快適です♪
混雑しますが、相席もなさそうなので、相席が苦手な方もご安心を(^^♪
カウンター上の壁が餃子モチーフで面白かったです。

【メニュー】
餃子専門店というわけではなく、メニューの種類は豊富です。

私は餃子中(12個)にしましたが、周りの方は餃子大(16個)を注文している方が多かったです。
並んでいるときに注文し、店内では比較的早く提供していただけます。
混雑時は追加注文を受け付けていないようでした。



【餃子登場!】
まずはビールから。

そして餃子登場!

卓上の調味料でいただきます。
ラー油も自家製ぽい感じです。

野菜たっぷりでかなりあっさりとしています。
これは16個でも余裕だなー。
(この日は追加注文不可でしたので、断念しましたが。)
餡にしっかりと味がついているという感じがないので、その部分で好みが分かれるかもしれませんね。
酵素ダイエット「ベルタ酵素ドリンク」

ちなみこちらは友人が注文したセットメニュー(Bセット)

餃子8個+ご飯+半ラーメンで880円

ラーメンは味を選ぶこともできます。
醬油ラーメンをチョイスしていましたが、友人曰く「普通のラーメン」とのことです。

隣の席の方が食べていた「ホルモン焼」が美味しそうだったので、またの機会があればそちらも食べてみたいです。



浜松餃子の有名店「むつぎく」さん、野菜たっぷり餃子が好きな方にはオススメのお店です。
この季節に行く方は暑さ対策をしっかりとして行列に挑んでくださいね!

<今回のお店>
むつぎく
住所:静岡県浜松市中区砂山町356-5
TEL:053-455-1700
定休日:月曜日 第2・4火曜日 その他不定休あり
営業時間:
【月~土】11:30~14:30(L.O.14:00)・17:00~21:30(L.O.21:00)
【日・祝】11:30~14:30(L.O.14:00)・17:00~21:00(L.O.20:30)
席数:35席

絶品洋食ランチ「南欧料理 Ange(アンジュ)」





名古屋市名東区にある洋食の有名店「南欧料理 Ange(アンジュ)」さんに行ってきましたよ。
仕事もあり、普段ランチに出かける機会があまりないので、テンションが上がります♪

【アクセス・駐車場】

駐車場は8台しかないので、注意が必要です。

今回、オープンの10分前に到着したので停めることができましたが、オープン後は停められない方もいらっしゃいました。

【予約】
ネットで見たところ、かなりの人気だということが窺えたので、当日朝10:30頃にお店に電話をして予約しました。
平日の11:30に予約を取りましたが、行ってみると店内はすぐに満席に近くなりました。
カウンターもあるので、1人でしたら、もしかしたら…ということもありますが、予約をしてから行くことをオススメします。
ベルタ酵素

【外観・店内】

決して大きなお店ではないので、知らない方は通りすぎてしまいそうです。
店内も広くはないので、隣の席が少し近く感じます。
一番驚いたのは、テーブル席の椅子が学校で使う椅子だったことです!!
久しぶりに見たな…確かに、背もたれが直角なので、場所もとらないし、重ねることもできるし、軽いという点では便利ですよね。
ちなみに座布団のようなものが敷いてあるので、お尻が痛いということはありません。

【メニュー】
この日のランチメニューがこちら。

もちろん通常のメニューを単品で頼むこともできます。
私は「ねらないハンバーグ(1380円)」、一緒に行った友人は「豚ヒレ焼カツ(1520円)」を注文しました。
周りを見てみると、「ねらないハンバーグ」はやはり人気があるようです。
ただ、単品メニューを頼む方も多く見られました。
グラタン、パスタ、リゾットなど…美味しそう!!

【実食】
まずはサラダ。

レタス、ズッキーニ、ピーマン、きゅうりです。
ドレッシング美味しいです!


満を持しての登場。
ハンバーグ本体はもちろん、少し甘めのソースが絶品です。

ナイフを入れても、肉汁がどばーっとはならないので、しっかりと旨味を閉じ込めていることがわかります。
ライスは意外としっかりめに量があるので、結構お腹いっぱいになります。




ちなみにこちらは友人が注文した「ヒレカツ」です。
ソースはオリーブオイル+岩塩とトマトを使ったものです。
トマトソースはトマトだけではないのですが、何かまではわからず…ただのトマトソースではないことは確かです。

美味しい!

ランチと比べるとディナーは予算が上がりますが、他のお料理も食べてみたいので、また伺いたいと思います。
お店の方がとても丁寧に接してくださり、気持ちよく食事ができるので、オススメですよ(^^)
洋食激戦区の名古屋市名東区の中でも人気があるというのも納得です♪

<今回のお店>
南欧料理 アンジュ
住所:愛知県名古屋市名東区本郷3-68 東豊ビル 1F
TEL:052-773-9264
営業時間:11:30~14:30(L.O14:00) 17:00~22:00(L.O)
定休日:月曜、第一火曜